【茨城県】ハイキング初心者おすすめコースまとめ2022!山や渓谷の絶景が見れる!

新型コロナウイルスの全国的な拡大を受け、不要不急の外出を控えてジッとしているストレスを発散しつつ、他人との接触や密が避けられるハイキングする方が増えています。

 

そんな、茨城県でハイキングをするなら、どんなハイキングコースがおすすめでしょうか?

また、ハイキングをする際に、どうコロナ対策をすればよろしいのでしょうか?

 

という事で今回は、茨城県でハイキングをするならおすすめのハイキングコースと、ハイキングをする際にコロナ対策の方法を紹介します。



スポンサーリンク


茨城県のハイキングコースおすすめまとめ

筑波山

「筑波山」は日本百名山に選ばれている中では最も低い877mの山で、ロープウェイとケーブルカーがあるので初心者向けです。

 

頂上からは山々や町並みを一望でき、リフレッシュにはもってこいの茨城の定番の山です。

 

【移動方法・アクセス】
〈つくばエクスプレス・高速バス〉
・つくばエクスプレス:秋葉原駅~つくば駅(最速45分)
・高速バス:東京駅~つくばセンター(約90分)、羽田空港~つくばセンター(約110分)、成田空港~つくばセンター(約100分)、茨城空港~つくばセンター(約60分)

〈JR常磐線〉
JR常磐線:上野駅~土浦駅(普通:約70分、特急:約45分)
路線バス:(行き)土浦駅→沼田(約50分)→筑波山神社入口(10分)→つつじヶ丘(15分)

〈車〉
・常磐自動車道(土浦北IC)~国道125号線~県道14号線~県道42号線(約40分)
・北関東自動車道(桜川筑西IC)~国道50号線~県道41号線経由筑波山方面へ(約40分)

筑波山への移動方法はこちら

【ハイキングコース】
筑波山ハイキングコース・マップはこちら

【混雑状況】
混雑状況はこちら

【駐車場】
〈市営筑波山駐車場〉
市営第1駐車場 普通車:210台、大型車:5台、 身障者用:6台
市営第2駐車場 二輪車:8台程度
市営第3駐車場 普通車:138台、大型車:10台、身障者用:2台
市営第4駐車場 普通車:97台

〈筑波山つつじヶ丘駐車場〉
駐車台数 全400台

【現地の情報】
現地情報はこちら

【場所】

「筑波山」の詳しい情報はこちら

 

筑波山周辺の宿泊施設

 

加波山

「加波山」は標高709mで低めで初心者の方も登山しやすく、約4時間ほどの往復で登れるのでおすすめです。

 

花崗岩(御影石)の山地としても知られており、秋には紅葉で鮮やかな彩りで楽しみながら散策できます。

 

【移動方法・アクセス】
加波山への移動方法はこちら

【ハイキングコース】
加波山ハイキングコース・マップ

【駐車場】
駐車場(40台)

【現地の情報】
現地情報はこちら

【場所】

「加波山」の詳しい情報はこちら

 

加波山周辺の宿泊施設

 

御前山

「御前山」は標高156mと低山で登りやすいですが、原生林で覆われた山で自然を感じでハイキングできます。

 

那珂川を望む風景、山頂には山々の雄大さが見ることが出来、紅葉時期は多くの観光客が訪れるスポットです。

 

【移動方法・アクセス】
公共交通:JR水戸駅→バスで1時間、バス停:御前山下車、徒歩すぐ
車:常磐道水戸ICから県道52号、国道123号経由22km45分
⇒樽前山への移動方法はこちら

【ハイキングコース】
御前山ハイキングコース・マップ

【混雑状況】
混雑予報

【駐車場】
駐車場(80台)

【現地の情報】
現地情報はこちら

【場所】

「樽前山」の詳しい情報はこちら

 

御前山周辺の宿泊施設

 

花貫渓谷

「花貫渓谷」はハイキングやトレッキングに訪れる方が多いスポットで、吊橋に垂れ下がる自然の木々と水の風景が美しいので散策が楽しくなります。

 

【移動方法・アクセス】
電車:JR常磐線「高萩駅」よりタクシーで約25分
車:常磐自動車道「高萩IC」より約20分
花貫渓谷への移動方法はこちら

【ハイキングコース】
花貫渓谷ハイキングコース・マップはこちら

【混雑状況】
紅葉シーズンに混雑

【駐車場】
〈花貫駐車場〉
バス20台(2,000円/台)
普通車80台(500円/台)

〈大能駐車場〉
普通車40台(500円/台)

【現地の情報】
現地情報はこちら

【場所】

「花貫渓谷」の詳しい情報はこちら

 

花貫渓谷周辺の宿泊施設

 

八溝山

「八溝山」は1時間半程で山頂に辿り着くことができ初心者向けです。

 

山頂にはお城を模した面白い展望台があり、展望台から見る景色も絶景となっています。

 

【移動方法・アクセス】
常磐自動車道・那珂I.Cより国道118号・町道28号を経由し、約100分
八溝山への移動方法はこちら

【ハイキングコース】
八溝山ハイキングコース・マップ

【混雑状況】
渋滞予測

【駐車場】
駐車場あり

【現地の情報】
現地情報はこちら

【場所】

「八溝山」の詳しい情報はこちら

 

八溝山周辺の宿泊施設

 

高鈴山

「高鈴山」は起伏に富んでいますが、コースによっては3時間程で登山できるの初心者向けです。

 

山頂からは山々を一望でき、道中は野の草花や百体観音など、史跡めぐりで楽しめます。

 

【移動方法・アクセス】
〈電車・バス〉
JR常磐線日立駅から日立電鉄バスで東河内行きに乗り、きららの里前で下車します。

〈車〉
常磐自動車道日立中央ICより県道36号線経由 約10分

【ハイキングコース】
高鈴山ハイキングコース・マップはこちら

【駐車場】
駐車場あり

【現地の情報】
現地情報はこちら

【場所】

「樽前山」の詳しい情報はこちら

 

高鈴山(日立市)周辺の宿泊施設

 


スポンサーリンク



茨城県でハイキング・ウォーキングするためのコロナ対策

ハイキング・ウォーキングするためのコロナ対策として、様々な市町村の自治体が解説しており、以下のような対策をしてくださいと説明していました。

 

ハイキング前
・混雑の少ないルートや時間を選ぶ
・交通手段は、電車・バスなどの公共交通機関は利用しない
・同行者は少人数にする
・健康状態をチェックし、発熱や咳などの症状があれば行かない
・家族、友人、身近な知人等に感染が疑われる方がいる場合、過去2週間前以内に感染者と接触した場合は控える

 

ハイキング中
・人との間隔をあける(4.5m以上の間隔を空ける)
・何か食べる、共用のトイレを使用した際には、手指をアルコールでこまめに消毒する
・マスク、薄手のネックカバーや手ぬぐいを着ける

 

 

やはり基本的には「体調の管理」「消毒」「マスクを付ける」「密にならない」が大切で、ウォーキングでいくら人との接触が少なくても基本のコロナ対策は心がけてください。


スポンサーリンク



茨城県の割引クーポンまとめ

茨城県の県民割(地域観光事業支援)「いば旅あんしん割

茨城県では5月10日から茨城県内を目的地とした旅行で、旅行日の1週間以内に検査(抗原定量検査またはPCR検査)を受診した県民に限定で旅行費用を1人あたり最大1万円割引となるキャンペーンを行います

茨城 地域観光事業支援

キャンペーン情報

【割引額】

宿泊料金
(1人・1泊あたり)
ワクチン接種者
宿泊支援金額 クーポン券
10,000円以上 5,000円 1000円券×2枚
(実質負担額による)
6,000円以上10,000円未満 3,000円
3,000円以上6,000円未満 1,500円

【クーポン付与額】

割引適用後宿泊旅行料金+検査費用
(旅行者支払い実額)
クーポン付与額
(一人・1泊当たり)
2,000円以上 1,000円券×2枚
1,000円以上2,000円未満 1,000円券×1枚
1,000円未満 なし

【キャンペーン期間】
予約受付:2022年3月16日~2022年5月31日
対象期間:2022年3月22日〜2022年5月31日宿泊分

【対象】
割引対象施設
クーポン対象施設

 

支払い例

【1泊9,800円の宿泊施設にお泊まりでPCR検査等受診者の場合】
9,800円-6,000円※本キャンペーン割引
=自己負担額3,800円+地域応援クーポン券(最大2,000円分)付与

【1泊9,800円の宿泊施設にお泊まりでワクチン接種者の場合】
9,800円-3,000円※本キャンペーン割引
=自己負担額6,800円+地域応援クーポン券(最大2,000円分)付与

 

「いば旅あんしん割」の詳しい情報はこちら

 

茨城の地域観光事業支援「いば旅あんしん割」は以下の楽天トラベルやじゃらんでも対象の宿泊施設を活用でき、楽天トラベルやじゃらんの割引クーポンやポイント併用で更にお得にすることも出来ます。

楽天トラベル | じゃら | JTB | Yahoo!トラベル

茨城空港1,000円レンタカーキャンペーン

「茨城空港1,000円レンタカーキャンペーン」は茨城空港到着を利用し、到着当日にレンタカーを借りられる方で、茨城県内の宿泊施設を1泊以上ご利用される場合に、レンタカーの基本料金がキャンペーン価格でご利用いただけます。

茨城 割引

 

キャンペーン情報

【キャンペーン内容】

茨城 割引

 

【キャンペーン期間】
2022年4月1日~2023年3月31日

 

「茨城空港1,000円レンタカーキャンペーン」の詳しく情報はこちら

常陸太田市内周遊観光レンタカー

「常陸太田市内周遊観光レンタカー」は常陸太田市内の観光・宿泊・体験施設・飲食店等の利用すると、レンタカー料金に最大3,000円/回が助成されるキャンペーンです。

 

キャンペーン情報

【割引額】
レンタル料金の1/2(上限3,000円/回)
市内宿泊施設(領収書等で確認)を利用の場合、上限6,000円(2回分)を補助

【予約受付時間】
9時~16時(電話予約)
予約受付方法 利用日の3日前までにFAX又は電話予約

【レンタル時間】
8時~19時
※返却時間が変更になる場合は、ご連絡ください。

 

「常陸太田市内周遊観光レンタカー」の詳しい情報はこちら

【初心者向け】茨城県のハイキング・トレッキングに必要な服装とアイテムまとめ

高い山に登る登山では欠かせない3着の重ね着(バックパック・フットウエア・レインウエア)など必要ですが、気軽に整備された場所を歩くハイキングは上はTシャツ・シャツにウェアを重ね着し、ハイキングパンツを着て行くことが出来ます。

 

ただし、「春・秋」「夏」「冬」の気温によって体温調整ができるように、必要な服装が変わりますので注意してください。

初心者向けハイキングで一年通して使用できる服装

Tシャツ

Tシャツは綿より化繊のほうが汗をかいたときに乾きやすく、汗をかいたあと急に体が冷えてしまうのを防げるのでおすすめです。

Tシャツでおすすめのブランドは「コロンビア」でハイキングに使いやすい吸湿速乾性に優れており、沢山汗をかいてもでも快適な着心地で重宝します。

 

防虫加工もされており、様々な著名人とのコラボモデルがあったりと、女性でも扱いやすいです。

シャツ

ハイキングでシャツは脱ぎ着しやすく、体温調節がしやすいのでおすすめで、こちらも汗をかいたり急な雨でもすぐに乾く化繊のものがおすすめです。

 

シャツでおすすめのブランドは「マーモット」で多くの登山家に愛されており、高機能ポリエステルを採用し、吸収速乾性が抜群でとても扱いやすいです。

 

こちらも「メンズ」「レディース」用と、どちらにも扱いやすい初心者にありがたいデザインで、ハイキングやアウトドアに大活躍するので使い勝手が良いです。

ハイキングパンツ

「ハイキングパンツ」はストレッチ性のないジーンズより動きやすくゆとりのある「チノパン」がおすすめで、伸び縮みしやすい素材で長く履いても疲れないようにしましょう。

 

「ハイキングパンツ」のおすすめは「モンベル」でハイキングだけでなくトレッキングやアウトドア、登山用とあらゆる用途のパンツを揃えているので便利です。

 

撥水性、速乾性にも優れていますし、動きやすいパンツで快適です。

ハイキングシューズ

「ハイキングシューズ」は木道などの整備された道なら、いつものスニーカーで大丈夫ですが、アップダウンがあったり、木の根が多いような道なら、ハイキングシューズやトレッキングシューズがおすすめです。

 

「ハイキングシューズ」でおすすめのブランドは「キーン ジャスパー」で、性別年齢問わず人気であり、カラフルで、足底もしっかりしているのでハイキングには使いやすく普段使いでも楽しめる使い勝手の良い靴です。

帽子

「帽子」は山などの紫外線が強い場所を歩くので、日焼け予防や夏場の熱中症予防に、転んだときの頭部の怪我防止にもなります。

 

「帽子」でおすすめのブランドは「ノースフェイス」で扱いやすく、日差しや紫外線を防ぐとともに、頭部のメッシュパネルが通気性を確保して快適です。

 

シンプルなデザインで様々なコーディネートに対応できるので、初心者でも使いやすいブランドとなっています。

雨具(レインウェア)

山の天気は変わりやすいのでハイキングであっても、上下に分かれた使いやすい「雨具(レインウェア)」は用意してください。

 

「雨具(レインウェア)」でおすすめが「ミズノ」で、ミズノ独自の防水透湿素材、ベルグテックEXを使用したレインスーツがおすすめです。

 

100回洗濯しても水をはじく撥水加工がされているので長く使用でき、水の侵入は防ぎ、汗は外に逃がしてくれます。

 

また生地自体が柔らかく軽量で、着たままでも動きやすく、デザインもシンプルで男女両方に扱いやすいですね。

リュック

「リュック」は整備されたハイキングコースであっても両手があいているほうが楽で便利です。

 

日帰りのハイキングであれば、雨具などの装備を収納できる20L~30L程度の小ぶりのリュックで大丈夫です。

 

「リュック」でおすすめのブランドは定番の「モンベル」「カリマー」で、カジュアルで通勤などでも使いやすいデザインとなっています。

 

特に「モンベル ハイキングパック23」は小物の収納に便利なポケット、パックカバー、トレッキングポールを収納・固定できるストラップなどがあるので、便利となっています。

初心者向けハイキングで春・秋におすすめの服装

マウンテンパーカー

「マウンテンパーカー」は気温や天候が変わりやすい山などでのアウトドアで着用することを目的として作られたアウターで、春や秋の日中は暑く朝晩は冷え込みに対応できます。

 

「マウンテンパーカー」としておすすめのブランドは「ノースフェイス」が定番で人気であり、冷たい空気や水の侵入を防ぎ、汗は外に逃がしてくれます。

 

デザインもシンプルで着回しがきき、普段使いからアウトドアまで使えるのがありがたいですね。

フリース

「フリース」はハイキングコースである初心者向けの標高500mの低山でも寒くなりますので、その時にフリースを持っていると便利です。

 

「フリース」としておすすめなのが、「パタゴニア」でコンパクトに収納でき、快適な着心地で動きやすく、ハイキングにおすすめです。

 

初心者向けハイキングで夏におすすめの服装

ハーフパンツ・山スカート

「ハーフパンツ・山スカート」は軽くて動きやすいので男女問わず人気であり、ケガ予防や夏の日焼け予防として登山用のタイツと組み合わせるのがおすすめです。

 

「ハーフパンツ・ショートパンツ」なら定番の「ノースフェイス」がおすすめで、ストレッチ素材で動きやすく、デザインもシンプルで使いやすいです。

 

「山スカート」でおすすめのブランドは「マーモット」で撥水性、ストレッチ性に優れた登山用のスカートでアウトドアにも使えます。

登山タイツ

「登山タイツ」はハーフパンツ等を履く際には、日焼けや怪我を予防してくれるタイツとしておすすめで、モデルによっては筋肉の動きをサポートして疲れを軽減してくれます。

 

おすすめは「C3fit インスピレーションロングタイツ」で「弾性ストッキング」の持つ血行促進効果、着圧効果によって運動効率を向上してくれます。

 

紫外線遮蔽率90%以上と夏の紫外線を防ぎ、日焼け防止に役立ちます。

初心者向けハイキングで冬におすすめの服装

ダウンジャケット

「ダウンジャケット」は冬の寒さに対応できる防寒具として軽量で保温性が高く、普段遣いもできるので応用が効きます。

 

「ダウンジャケット」でおすすめのブランドは「モンベル」で、優れた保湿性と軽量コンパクトで使いやすく、水をはじき雪の付着を防ぎます。

 

デザインもシンプルですので扱いやすいのも良いですね。

冬用パンツ

「冬用パンツ」は厚手で風を通しにくい素材のものが良く、裏起毛のもので保温を高めてくれるのがおすすめです。

 

「冬用パンツ」は「ファイントラック」がおすすめで、ストレッチ性が高いのが好評価で、動きやすいです。

 

動きやすいのでアウトドアなどのアクティビティなものに活用できます。

グローブ

「グローブ」は冬のハイキングで絶対必要で、地図やルートでスマホを使うことができるグローブがおすすめです。

 

「グローブ」でおすすめなのが「ノースフェイス」が定番で人気であり、タッチスクリーン対応のインナーグローブで使いやすく便利です。

 

デザインもシンプルなので無難に選びやすく、初心者でも安心して着けられます。

【茨城県】ハイキング初心者おすすめコース2022!山や渓谷の絶景が見れる!まとめ・感想

茨城県のハイキングコースには低山で初心者でも登りやすく、山頂からは山々美しい景色が望み、楽しくなります。

 

しかし、コロナ禍ということもありますので、上記のコロナ対策はしっかり行い、体力をつけて挑戦してください。

 

あなたも巣ごもりでストレスが溜まっているならば、ハイキングコースでウォーキングをしてリフレッシュしましょう!


スポンサーリンク