レンタカーご利用でよくある質問
運転が不慣れ・未経験、年齢によって借りれない場合はありますか?

運転歴の浅い人や年齢によって制限が設けられていることはあります。

 

レンタカー会社によりますが、「免許取得後1年未満が運転手なら免許取得後3年以上が同乗しないといけない」「未成年のドライバーにはレンタルできない」などの制限があります。

 

また、レンタカーを借りるときは誰の名義で借りるにしても、運転予定者全員の運転免許証の提示が必要なので、ごまかすことは出来ないので注意してください。

レンタカーの払いもどし・キャンセル料は?

レンタカー会社によりますが、利用日の7日前は無料、前日なら基本料金の30%、当日は基本料金の50%など数日単位でキャンセル料が変わってきます。

 

そのため、もしキャンセル料を払いたくないなら、一日でも遅れるとキャンセル料が10%以上も変わってくるので、早め早めにキャンセルしてください。

予定が変わった場合に、レンタルの日付を変更できますか?

レンタカー会社によりますが、変更はご利用日の数時間前なら変更できる所が多いようです。

ただし、予約方法によってはキャンセル料が発生する場合があります。

レンタカーで領収書をもらうには?

レンタカー会社によりますが、領収書の発行はレンタカー返却時と、お金をお支払いする時に発行できます。

レンタカーでペットの持ち込みは?

レンタカーにペットの持ち込みは基本できますが、各レンタカー会社によりサイズの規定や、「犬、猫のみ同乗可」などの制限があるので注意してください。

 

また、レンタカー会社によっては、追加料金で540円、利用料の20%だったりと追加でお支払いする場合もあります。

レンタカー会社で自家用車を預かってくれる?

レンタカー会社の各営業所のスペースによっては、預けることは出来ません。

レンタカーで交通事故を起こした場合は?

対物・車両の場合は保険が効き、保険で補償されない免責金額をご負担となります。

保険で補償されない免責金額は基本は対物・車両どちらも5万円ほどとなるようです。

 

ただし、人身傷害、3,000万円超えの損害・酒酔い運転など保険金が給付されなかったりなど、保険で補償額を超える損害額や保険金が給付されない場合の損害額は自分で払う場合があります。

 

もちろん、交通事故を起こしたことによる、「刑事責任」「民事責任」や、違反による点数が引かれたりと「行政の責任」は自身が負うことになります。